「Titanium StudioではじめるAndroidアプリ開発」へようそこ!

あたらしいTitaniumの本が登場しました

Titanium SDK API 解説書ページを表示する

このページは、Titanium Studioを使用して、Windows環境/MacOS環境Androidアプリ開発を行うための学習ノートサイトです。

Titanium Studioとは、2011年6月14日にAppceleratorからリリースされた、さまざまなシステム開発を行うためのIDE(統合開発環境)です。この中にJavaScriptでAndroid, iPhone, Taizen, BlackBerryの各アプリを開発するためのTitaniumというSDK(ソフトウェア開発キット)が含まれています。使用する言語が、Web制作者であれば慣れ親しんでいるJavaScriptというところが魅力です。

まだまだ、これからの開発環境であることは否めませんが、iPhoneの開発言語であるObjective-C、Androidの開発言語であるJava、敷居の高いこれらの言語を両方マスターしている一部の開発者ではなく、敷居の低いJavaScriptで両者の開発が可能なTitanium Mobile SDKには、これから大きな注目が集まることでしょう。

このサイトでは、特にWeb制作者の方や初心者の方を対象に、難しいことはとりあえず後にして、基礎のキソから一歩一歩一緒に歩んでいけるようなAndroidアプリ開発のスキルアップをしていければと思っています。(高度な内容をお求めの方は、大変申し訳ございませんが、他のサイトをご利用ください)

私もWeb制作者のハシクレで、JavaやObjective-Cなんてぜんぜ~んわかりません(泣)。以前にAndroidアプリ開発の初心者対象勉強会に参加してみたのですが、正直Javaをかなり理解していないと(?_?)という内容でした。

本当の初心者がJavaやObjective-CでAndroidアプリやiPhoneアプリを開発できるようになるまでには、少なくともそれぞれ2~3年は要するでしょう。

私のように開発したい人はたくさんいるだろうに、その環境がないなんて、幸せな世の中ではないなぁ、ということで、自分自身いろいろ勉強しながら、その内容を段階的にこのサイトで情報公開することにしました。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

SHUU

SHUU